毎日服用しなくても大丈夫!クラミジア薬ならジスロマックで決まり!

数種類の薬

クラミジアは性感染症の一種ですので、基本的に性行為をきっかけに人から人へ感染します。
冒頭でも説明したように、最近はオーラルセックスやアナルセックスでの感染も報告されているため、風俗を利用している男性も注意が必要でしょう。
性感染症が面倒なのは、感染してもすぐに症状が出るわけではないということです。
感染から発症までに潜伏期間という空白の時間があり、この間は体内に菌が潜伏しているだけです。
目立った症状が出ないことから、本人には感染しているという自覚がないのです。
ただ、それでも菌自体は潜伏しているため、この間に異性と関係を持ってしまえば当然感染させてしまう危険がありますので注意しましょう。

もしクラミジアに感染してしまうと、男性の場合は排尿痛、女性の場合はオリモノの増加などが症状としてあらわれます。
しかし、症状の状態によっては発症してからも気づかないことも多いです。
気づかないまま放置してしまうとどんどん症状が悪化してしまい、男性は前立腺炎や副睾丸炎、女性は子宮内膜炎や腹膜炎などにまで発展してしまう可能性も…。
また、女性の場合、卵管炎によって卵管が塞がってしまい、そのまま不妊症となってしまう危険もあるので注意しましょう。

症状が軽いうちに治療薬を使って治療を始めておけば、クラミジアの症状をすぐに抑えることができます。
そこで、万が一の場合に備え、事前にジスロマックを購入しておくことをオススメします。